ここにしかないお寺体験、自然豊かな田舎、気軽に過ごしていただけるお寺です。

西音寺の日帰り&一泊二日のお寺体験について

P3170247-001.JPG

西音寺のお寺体験は、

気軽な気持ちで

お寺の文化や歴史が知りたい、

または、

これからの生活を良くしていくうえで、

落ち着いたところで少し自分を見つめなおしたいと

いう方のためにお寺体験をとおして、

新しい発見や気づきを得ていただくことを目的としています。


そのために大まかに2つの体験をご用意しています。

それは

「感じる」と「知る」です。


「感じる」は、

仏教の体験の基本である、

普段意識していない自分のことを観察して、

感覚で学ぶ体験です。

物が溢れ、情報が多く心が他のことに奪われがち

な時代だからこそ、

この体験は改めて素朴な自分の一面を知る、

きっかけになると思います。

日常の生活から一度離れて自分を

見つめ直す時間が欲しい方にはオススメです。

「知る」は、

お寺の文化や仏教について、

学べる体験です。

仏教の歴史や教えはもちろんのこと、

木魚などのお寺楽器、お経を歌にした古典音楽の声明

なども学ぶことができます。

そして、

西音寺のプチ修行体験は、

おしょうさんが先生になって話すというよりも、

共に体験しその場で感じたことや思ったことを、

話しながら行う対話を軸にして行っていきます。


対話をすることによって、

お互い理解しより意味のある充実した体験を

していただけると思います。


と、申しますと

少し固いように思われるかもしれませんが、

気軽に話し合いながらやっていく、

という感じにとらえていただければと思います。

ので、

普段日常では話すことのない、

もしくは話せる場所がないような、

少し哲学的な話しも気軽にできる場所です。



DSC00127-001.JPG

写経はもともと印刷が無かった時代に、

お坊さんがお経を写して書いていたことが始まりました。

そしてお経を写経して書くと、

功徳がある

心が落ち着く

集中できる

と言われています。
西音寺では田畑の自然の景観を
ご覧にいただきながら、
お寺での写経を通してゆったりとした時間を
過ごしていただくことができます。

写経は炭を刷って行っていただきます。


P3170239-001.JPG


瞑想は仏教の修行方法の中でもっとも古い修行の一つと言われています。

現代でも伝えつづけられているのは、

もっとも時代にとらわれることなく普遍的な修行方法だと言えます。

静かで心地よい風が入ってくる本堂で、

瞑想をすると心が落ち着き、

普段考えている余計な悩みを忘れさせてくれる効果があります。


おしょうさんが選んだ、

お香を焚きながら静寂な時間を過ごしていただけます。


DSC000151.jpg

自問自答の体験は、

仏教の教えにある自分自身に問いをたて、

答えを自分でだすというものを、

体験して感覚で知って頂く体験です。

情報が多い時代だからこそ、

間違った情報に流されないようにするための

教えとして日常でも活用して頂けると思います。



どういうことかと申しますと、

一つお題を出し、

そのお題について自分なりに考えて、

その場で発表し合うという、

いたってシンプルな内容です。


文字で見ると、

少しつまらなそうに見えますが、

実際に体験すると、

普段考えないようなことを考えるので、

わかりやすく頭が整理されるのを感じることができます。

これもまたお寺だからこそ、
できる体験だと思います。




P3170214-001.JPG

お寺のお勤めとは、

朝と夕方に行う仏様の前でお経を唱える、

法要です。

西音寺ではご希望があれば、

お坊さんが唱えている内陣(内側)に入って

一緒にお経を唱えてもらうことができます。

お寺の文化を知る上で、

実際にお坊さんと同じように体験していただくのが

一番。ということで、この様な形式をとらして頂いています。

普段入ることのない場所ですので、

きっと面白い経験になると思います。


作法の仕方やお経の唱え方などプチレクチャーも、

お伝えしています。



P3170333-001.JPG

お寺には楽器がいくつかあります。

有名なところでいうと木魚だと思います。

他にもカンカンと念仏を唱える時に使う正吾、

シンバルのようにジャーンと鳴らす鉢、

ゴーーーーンとお経の始まりを鳴らす大鐘などがあります。

これら普段テレビや法事の時などしか目にすることのできない、

木魚などを叩ける、ちょっとしたおしょうの仏教楽器講座を

体験することができます。

実際に木魚を叩きながらお経を唱えると、

いつもとは違った視点でおもしろいと思います。




P3160118-001.JPG

西音寺のお寺体験は、

厳しいお寺とは違い、

ゆったりと体験を行うのが特徴です。

ので、体験の合間にお茶を飲みながら、

おしょうと話すのもまた、

普段の友人や家族とは違う会話を楽しんで頂けると思います。

修行の時の話や、

お寺の文化のことなど、

素朴なことを遠慮なく聞いて頂ければなと思います。



P3160089-001.JPG
お寺の境内で読書

IMG_4157-001.JPG
広い本堂でごろ寝

IMG_4113-001.JPG
田園風景を見ながらまったり

P3170299-001.JPG
レトロなポンプで水汲み

P3160154-001.JPG
おしょうと早朝散歩



など、

お寺体験以外にも、

楽しんでいただけると思います。



西音寺のお寺体験は、

参加された方のご希望に合わせて、

お寺体験プランを組ませていただきます。

なので、

無理に強要するのではなく、

あくまでも参加された方のご希望を尊重したいと思っています。


ゆったりと余裕をもって取り組んでいただいてもいいですし、

逆に、

キツメにプランを組んで下さいというのも大丈夫です。


参加者さんのご希望でお寺を利用していただけます。

初めて体験される方もご安心下さい。



ちなみに、
参考のスケジュールをあげますと

-----------------------------------------------

一日目

・お寺に到着

・作務衣の着替え&これから行う内容の説明

・瞑想坐禅

・休憩

・写経

・お勤め

・宿泊先に移動で夕食

・自由時間(ご希望があれば夜も体験可)

二日目

・起床

・朝食

・朝のお勤め

・瞑想坐禅

・休憩

・自問自答体験

・法話

・解散

-------------------------------------------

と言った感じです。

あくまで参考でのスケジュールですので、

細かい流れについては、

つど参加者さんと話し合いのもと決めていきます。

ので、

ご遠慮なさらずになんでもお申しつけ頂ければ

なと思います。

西音寺のアクセス方法

adogawa_s.jpg

JR京都駅から湖西線(永原行き、敦賀行き、近江今津行き)に乗車。

安曇川駅に下車し、

改札右側のバス停より北船木行きのバスに乗車。

川島で下車します。

バス下車後、道路を渡り少し進むと右手側に西音寺の門が見えてきます


詳しい地図↓




住所
滋賀県高島市安曇川町川島1350

※送迎もございます

事前にお伝えいただくと、駅からお寺まで送迎させていただきます。

ご遠慮なくお伝え下さいませ。



駅前から10分ほど歩くと、

スーパーやファミレス、

道の駅など国道沿いは栄えており、

さらに琵琶湖側に進むと、

田園風景が徐々に顔をだした田舎町になっていきます。

西音寺のある町は、

少し栄えた場所と田舎町がバランスよく、

点在するそんな自然と現代が調和する町です。

お寺体験の宿泊について

西音寺のお寺体験は、

一泊二日の体験と日帰り体験がございます。

一泊二日の体験の場合、

宿泊先としましては、
近くのびわ湖が目の前にある宿泊施設をご用意いたします。
(繁忙期で宿泊先が満室の場合、
宿を変更する場合がございます。その点ご了承下さい)

白浜荘.jpg

体験で頭と体を動かし、夜はお風呂につかり、
日々感じることのない、素朴な癒しの時間というのを感じて頂ければと思います。

びわ湖がすぐ目の前にありますので、
早朝におきて誰もいない砂浜を散歩されるのもいいかもしれません

IMG_5969_thumb-001.jpg

食事は、
地元の具材を使った郷土料理です。


お寺で体験をして、
地元の旬な美味しい食事を食べて、お風呂につかる。

ごくありふれた素朴なことですが、
お寺の体験を通すから、身近な有難み
というのを感じていただけると思います。

宿の周りはなにもありませんので、
そういった空間で読書されるのもよし、
自分自身と向き合うのもよし、
お寺に来たからこその、各々の時間を過ごしてもらえればと思います。

そんな心身共にリフレッシュしていただき、
一歩足を止めて己を学んでいただく流れになっております。

お寺体験の時間及び参加費用について
お寺体験の参加時間についてですが、

1、一泊二日の宿泊体験の場合

・13時30分ご到着をよろしくお願いします。
(それ以外の時間をご希望の場合、ご連絡ください。)

・体験終了時刻は、翌日の12時とさせていただきます。

2、日帰り体験の場合

・8時~15時までの間で参加開始時間をお知らせ下さい。

・基本日帰り体験は4時間となっております。


お寺体験の参加費用につきましては、

一泊二日のプチ修行体験が、
・参加人数:1名のみ・・・16000円
・参加人数:2名~・・・15000円
(上記2つ、宿泊費+朝夜食事代+体験料込み)

日帰り体験は、
・参加人数:1名のみ・・・5000円
・参加人数:2名~・・・3000円(1人当たり)

となっております。


参加人数は、
一日10人までとさせていただきます。

万が一、団体様などで10人を超えられる場合は、
一度ご相談頂ければと思います。
お気軽にどうぞ。


体験着については、

作務衣をお貸ししていますので、

そちらをご利用下さい。

作務衣は通気性がよく着心地もいいので、

気兼ねなく過ごしていただけると思います。


西音寺のお寺体験は、

他のお寺とは違い、

仕来りや作法など特に厳しくありません。

そのぶん

のびのびと気楽に楽しみながらお寺体験をしていただけると思います。

これもまた

小さなお寺ならではの良さだと思います。


といった感じで、

「お寺に行ってまいります」

とかしこまって来ていただくというよりかは、

ちょっとした小旅行として

楽しみに来て頂ければと思います。


普段の日常を忘れて、

田舎のお寺

そして

「海じゃないか!?」

と思うぐらいの琵琶湖の大きさを堪能しながら、

特別で充実した時間をお過ごし下さい。


そんな休日の使い方も良いと思いますよ?


それではお会いできるのを楽しみに、

お待ちしております。


※参加を申し込まれた日に、お寺の法務などとかぶってしまった場合、
誠に申し訳ございませんが、希望日を変更していただく場合がございますので、
その点ご了承下さい。その場合予めてご連絡いたします。

milk_btn_pagetop.png